2020年7月時点での情報です。

同行避難とは?

同行避難とはペットとともに安全な場所まで避難する行為を指し、避難生活を共にするものではありません。同行避難では人の避難スペースには動物は入れません(補助犬は例外です)。
また同行避難可能とされていても、避難所の形状や状況によりできない場合があります。
「自治体のルールでは可能なのに同行避難できなかった」ということがないよう、最寄りの避難所の状況やルールがどうなっているのか事前に知っておく必要があります。

避難所データ

同行避難の可否

可能

同行避難が可能な避難所

全避難所
各避難所のガイドラインに基づいて対応

ガイドライン(マニュアル等)の有無

なし

同行避難が可能な動物

犬・猫などの小型動物

中〜大型犬との同行避難の可否

ケージに収容することが難しいペットは検討

ケージの備蓄数

約300個

ペットの管理場所

屋根のある場所を想定

悪天候でのペットの管理場所 (台風、大雨、強風など)

各避難所のガイドラインに基づいて対応

獣医師会との協定

あり

負傷動物の診察

獣医師会による診療を予定

災害時のボランティアとの連携

なし

ペットを連れた防災訓練

今後検討

解説

  • ペットとの同行避難は、全ての避難所で可能か?

    ペットの受け入れを不可としている避難所は現在なし。避難所の総数は、震災時58か所、水害時は現在再検討中。

  • 自治体でのペットと避難するためのガイドライン(マニュアル等)の有無

    個別のガイドラインは作成していない。各避難所に格納されている避難所開設キット(震災用)や避難所開設運営マニュアル(震災用)、大規模水害を想定した避難行動の基本方針等の中では、ペットとの避難についての記述がある。(ケージ、食料、薬等必要なものは持参する旨、避難所の昇降口等にペット飼育スペースを設置する旨、動物救護チームの立ち上げ等)

    避難所運営マニュアル

  • ペットの種類や大きさなどで避難所には立入れない場合があるか?

    ペットはケージに収容を条件としています。そのため、犬や猫、小型動物を想定している。
    ケージに収容することが難しいペットの避難については現在、検討を行っている。

  • 避難するためのケージは飼い主が準備することが原則だが、区の方で備蓄はあるか?

    ペット用簡易サークルを備蓄している。
    数量は区内で約300個。

  • ペットは避難所のどのような場所で管理されるか? 悪天候時は屋内への移動は可能か?

    ペットの飼育スペースは雨風がしのげる昇降口等を想定。
    屋内にペットを移動できるかどうかは、各避難所で判断。
    居住スペースにペットを入れることはできない。

  • 災害時に負傷してしまった動物の診察施設は開設されるか?

    被災動物のための救護所を開設する計画。

  • 災害時に連携する動物専門のボランティア団体や、ボランティアとの連携の仕組みの有無

    動物専門のボランティアとの連携はないが、東京都獣医師会北支部と協定を結んでいる。

  • 自治体主催のペットを連れた防災訓練は行っているか? 開催情報はどこで確認できるか?

    現在、ペット避難に関する訓練は未実施。今後、検討。

総評

動物愛護推進員から見た北区の総評

北区は「避難所運営マニュアル」の中にペットとの同行避難の記述はあるものの、90ページにもおよぶマニュアルの中からペットの項目を探すのは大変な上に、当然飼い主向けのマニュアルではないので必要な情報が不足しています。区のホームページにもペットとの同行避難に言及したページはなし。いざという時にパニックにならないよう、専用のページや冊子等を作成するなど、飼い主への啓発をしていただきたいです。また、ペット用簡易サークルの備蓄があるようですが、猫はサークルでは逃げ出してしまいますのでケージも欲しいところです。