2020年7月時点での情報です。

同行避難とは?

同行避難とはペットとともに安全な場所まで避難する行為を指し、避難生活を共にする同伴避難とは異なります。同行避難では人の避難スペースには動物は入れません(補助犬は例外です)。
また同行避難可能とされていても、避難所の形状や状況によりできない場合があります。
「自治体のルールでは可能なのに同行避難できなかった」ということがないよう、最寄りの避難所の状況やルールがどうなっているのか事前に知っておく必要があります。

避難所データ

同行避難の可否

可能

同行避難が可能な避難所

全避難所
各避難所のガイドラインに基づいて対応

ガイドライン(マニュアル等)の有無

あり

同行避難が可能な動物

犬、猫、小鳥、小動物等

中〜大型犬との同行避難の可否

各避難所で検討

ケージの備蓄数

なし

ペットの管理場所

震災時は屋外、風水害時は屋内

悪天候でのペットの管理場所 (台風、大雨、強風など)

風水害時は屋内

獣医師会との協定

あり

負傷動物の診察

獣医師会による診療を予定

災害時のボランティアとの連携

あり

ペットを連れた防災訓練

実施

防災訓練の告知

区のホームページに掲載

解説

  • ペットとの同行避難は、全ての避難所で可能か?

    全避難所で同行避難を受け入れてるが、飼い主とペットは原則別の場所で生活。
    【避難所の総数】
    震災時:区立小中学校等65か所
    風水害時:区立小中学校等、荻窪地域区民センター、杉並会館、久我山会館22か所

  • 自治体でのペットと避難するためのガイドライン(マニュアル等)の有無

    飼い主向けのパンフレット「ペットのための災害対策心得」を作成している。

    ペットのための災害対策心得

  • ペットの種類や大きさなどで避難所には立入れない場合があるか?

    人に危害を加える恐れのある生き物(毒ヘビなど)はペットであっても受入れ不可となっている。
    また、施設によって確保できる動物用避難スペースが異なるため、受け入れる動物の種類の選定は各避難所で検討されている。

  • 避難するためのケージは飼い主が準備することが原則だが、区の方で備蓄はあるか?

    備蓄していない。
    ただし、負傷動物救護所を設置する施設には、受診待ちの動物を隔離する目的で小動物用ケージを各10台ずつ保管。

  • ペットは避難所のどのような場所で管理されるか? 悪天候時は屋内への移動は可能か?

    震災時は屋外(庇または仮設シートを活用)、風水害時は屋内。

  • 災害時に負傷してしまった動物の診察施設は開設されるか?

    震災時には5か所に負傷動物救護所を設置。
    詳細は、「負傷動物救護所マップ」「負傷動物救護所についてQ&A」を参照。

    負傷動物救護所マップ

    負傷動物についてQ&A

  • 災害時に連携する動物専門のボランティア団体や、ボランティアとの連携の仕組みの有無

    杉並区が委嘱する「杉並区動物適正飼養普及員(愛称:杉並どうぶつ相談員)」という動物ボランティアがおり、震災時の避難生活における動物の管理や飼い主への適正飼養指導等に協力していただくこととなっている。

  • 自治体主催のペットを連れた防災訓練は行っているか? 開催情報はどこで確認できるか?

    令和元年度は、区防災課が主催する「総合震災訓練」の一環として、区保健所と東京都獣医師会が共同出展したブースで同行避難訓練を実施。主な参加対象は、犬、猫、 その他の小動物。

総評

動物愛護推進員から見た杉並区の総評

杉並区は「ペットのための災害対策心得」という飼い主向けのパンフレットの他、「負傷動物救護所マップ」、「負傷動物についてQ&A」などマップやQ&Aでわかりやすくまとめられています。備蓄ケージはなく逸走動物への対応がどのように想定されているのかがやや不安な点として残ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です