2021年2月時点での情報です。

同行避難とは?

同行避難とはペットとともに安全な場所まで避難する行為を指し、避難生活を共にするものではありません。同行避難では人の避難スペースには動物は入れません(補助犬は例外です)。
また同行避難可能とされていても、避難所の形状や状況によりできない場合があります。
「自治体のルールでは可能なのに同行避難できなかった」ということがないよう、最寄りの避難所の状況やルールがどうなっているのか事前に知っておく必要があります。

避難所データ

同行避難の可否

可能

同行避難が可能な避難所

すべての避難所

ガイドライン(マニュアル等)の有無

あり

同行避難が可能な動物

犬・猫等の小型哺乳類、鳥類

中〜大型犬との同行避難の可否

制限あり

ケージの備蓄数

なし

ペットの管理場所

屋根のある屋外

悪天候でのペットの管理場所(台風、大雨、強風など)

避難所毎に対応

負傷動物の診察

各自で受診

災害時のボランティアとの連携

なし

ペットを連れた防災訓練

講義形式の訓練は実施

防災訓練の告知

-

詳細

  • ペットとの同行避難は、全ての避難所で可能か?

    市で指定している指定避難所は全31箇所。
    その全ての避難所において同行避難は可能だが、同伴避難は不可。

  • 自治体でのペットと避難するためのガイドライン(マニュアル等)の有無

    「彩の国動物愛護推進員ちーむ富士見」の方々と協働して「あなたとペットの災害対策」という題目でリーフレットを作成し、全戸回覧を実施。

    あなたとペットの災害対策(富士見市)

    https://www.city.fujimi.saitama.jp/anzen_anshin/08bousai/plan_manual/anshin012019061209.files/petsoto.pdf

  • ペットの種類や大きさなどで避難所には立入れない場合があるか?

    受け入れ可能なペットについては、家庭動物のうち犬やネコなど小型の哺乳類と鳥類などとしており、大型の動物や危険な動物については受け入れることができない。

  • 避難するためのケージは飼い主が準備することが原則だが、市の方で備蓄はあるか?

    ケージやペットフード等のペットの避難にかかわる物資については、飼い主の方で備蓄し、市としての備蓄はない。

  • ペットは避難所のどのような場所で管理されるか? 悪天候時は屋内への移動は可能か?

    基本的に駐輪場や渡り廊下などの屋根のある屋外にて避難を想定。台風や大雨の際など屋外での避難が好ましくない場合については、避難所の施設管理者(学校長など)と協議し、屋内での避難が可能と判断された場合は屋内で避難。

  • 災害時に負傷してしまった動物の診察施設は開設されるか?

    市が主体となる動物の診療所などを開設する予定はない。民間の動物病院等をご案内し、診断するものと考えている。

  • 災害時に連携する動物専門のボランティア団体や、ボランティアとの連携の仕組みの有無

    「彩の国動物愛護推進員ちーむ富士見」の方々と連携し、前述のリーフレットを作成し啓発するほか、地域の防災訓練や市主催の防災講座等に動物愛護推進員の方にご参加いただき、ペット防災講座を行っていただくなど、様々な場面で協力してペット防災啓発に取り組んでいる。

  • 自治体主催のペットを連れた防災訓練は行っているか? 開催情報はどこで確認できるか?

    ペットを連れた防災訓練の実施実績はないが、訓練メニューの中でペット防災講座を組み入れるなど、講義形式の訓練は実施している。

  • ペットとの同行避難において、貴自治体で行っている独自の対策はあるか?

    リーフレットの全戸回覧等、広く啓発。

  • 駐車スペースに余裕はあるか?

    ペット避難に限らないが、台風の際などは車で避難される方が多く想定されるため、農協や郵便局、ドラッグストア、スーパーなどの民間事業者の駐車場を災害時に借用させていただく取り決めを交わし、駐車スペースの保管を図っている。

総評

動物愛護推進員から見た 富士見市の総評

市HPからダウンロード可能な「ペット防災啓発リーフレット」は見やすくとてもよくできている冊子です。様々な情報がまとめられていて、他市の住民でも参考になりそう。富士見市はリーフレットの全戸回覧をはじめ、ペット防災に非常に力を入れて取り組んでいる印象です。動物愛護推進員の方と協働し、楽しく学べるような企画や訓練なども積極的に実施しています。取り組みの姿勢が素晴らしいと思います。