2020年7月時点での情報です。

同行避難とは?

同行避難とはペットとともに安全な場所まで避難する行為を指し、避難生活を共にする同伴避難とは異なります。同行避難では人の避難スペースには動物は入れません(補助犬は例外です)。
また同行避難可能とされていても、避難所の形状や状況によりできない場合があります。
「自治体のルールでは可能なのに同行避難できなかった」ということがないよう、最寄りの避難所の状況やルールがどうなっているのか事前に知っておく必要があります。

避難所データ

同行避難の可否

可能

同行避難が可能な避難所

全避難所

ガイドライン(マニュアル等)の有無

あり

同行避難が可能な動物

犬・猫・小鳥等の小動物

中〜大型犬との同行避難の可否

大型の飼育動物は不可

ケージの備蓄数

なし
(飼い主がケージ等を準備)

ペットの管理場所

検討中

悪天候でのペットの管理場所 (台風、大雨、強風など)

検討中

獣医師会との協定

あり

負傷動物の診察

獣医師会による診療を予定

災害時のボランティアとの連携

なし

ペットを連れた防災訓練

行っていない

解説

  • ペットとの同行避難は、全ての避難所で可能か?

    第1順位避難所である学校避難所77か所で可能。

  • 自治体でのペットと避難するためのガイドライン(マニュアル等)の有無

    あり。

    避難所における動物飼育のガイドライン

  • ペットの種類や大きさなどで避難所には立入れない場合があるか?

    同行避難の受け入れ対象は、家庭において一般的に飼育されている犬、猫、うさぎ、フェレット、小鳥、ハムスターなどの小型げっ歯類。
    ただし、人や動物に危害を加えるおそれのある飼育動物、ケージ(片手で持ち運べる大きさ)に収まらない大型の飼育動物は受け入れ不可。

  • 避難するためのケージは飼い主が準備することが原則だが、区の方で備蓄はあるか?

    ケージの備蓄はない。

  • ペットは避難所のどのような場所で管理されるか? 悪天候時は屋内への移動は可能か?

    屋内での飼育場所については、避難所(学校)ごとに候補となる2階以上の場所を選定。今後、避難所ごとに避難所運営会議で検討・決定。

  • 災害時に負傷してしまった動物の診察施設は開設されるか?

    東京都獣医師会葛飾支部に加入する動物病院に協力をいただき、負傷動物の治療を行う。(葛飾区災害時飼育動物対策計画)

  • 災害時に連携する動物専門のボランティア団体や、ボランティアとの連携の仕組みの有無

    現段階ではない。

  • 自治体主催のペットを連れた防災訓練は行っているか? 開催情報はどこで確認できるか?

    平成28年11月に旧松南小避難所開設訓練と併せて同行避難訓練を実施したが、近年はペット同伴での訓練を実施していない。

総評

動物愛護推進員から見た葛飾区の総評

葛飾区は「避難所における動物飼育のガイドライン」が作成されています。その中では雨よけにブルーシートを使用するとありますが、それでは心細い上に普段の世話がしづらいように感じます。今後屋内での飼育場所を避難所ごとに検討するとのことでしたので、具体的に想定して検討されることを期待します。
また、気になるのがケージやリードの備蓄がないこと。災害時の逸走動物・迷い動物を一時保護するための準備があると、より安心できるのではないでしょうか。