2020年7月時点での情報です。

同行避難とは?

同行避難とはペットとともに安全な場所まで避難する行為を指し、避難生活を共にする同伴避難とは異なります。同行避難では人の避難スペースには動物は入れません(補助犬は例外です)。
また同行避難可能とされていても、避難所の形状や状況によりできない場合があります。
「自治体のルールでは可能なのに同行避難できなかった」ということがないよう、最寄りの避難所の状況やルールがどうなっているのか事前に知っておく必要があります。

避難所データ

同行避難の可否

可能

同行避難が可能な避難所

全避難所
各避難所のガイドラインに基づいて対応

ガイドライン(マニュアル等)の有無

なし

同行避難が可能な動物

犬・猫・小鳥・小動物等

中〜大型犬との同行避難の可否

他の避難者等に危害が及ぶと想定される動物は受入れられない

ケージの備蓄数

各避難所に5個

ペットの管理場所

居住地区より離隔

悪天候でのペットの管理場所 (台風、大雨、強風など)

屋根付きの場所

獣医師会との協定

あり

負傷動物の診察

獣医師会による診療を予定

災害時のボランティアとの連携

なし

ペットを連れた防災訓練

1回実施

防災訓練の告知

実施する場合は区のホームページに掲載

解説

  • ペットとの同行避難は、全ての避難所で可能か?

    区内33か所全ての避難所で受入れ可能。ただし、地震時においては避難所ごとに設置している避難所運営協議会が、あらかじめ策定したルールに基づき、避難者とは別の部屋又は屋外(校庭等)に張ったテント、玄関先等を収容場所として指定することとしている。

  • 自治体でのペットと避難するためのガイドライン(マニュアル等)の有無

    作成していない。

    ペットの防災対策

  • ペットの種類や大きさなどで避難所には立入れない場合があるか?

    原則として、犬や猫などの小型の哺乳類や鳥類を想定している。なお、他の避難者等に危害が及ぶと想定される動物は受入れられない。

  • 避難するためのケージは飼い主が準備することが原則だが、区の方で備蓄はあるか?

    各避難所にペットゲージ5個を備蓄している。

  • ペットは避難所のどのような場所で管理されるか? 悪天候時は屋内への移動は可能か?

    避難者とは別の部屋又は屋外(校庭等)に張ったテント、玄関先等を収容場所として指定することとしている。

  • 災害時に負傷してしまった動物の診察施設は開設されるか?

    負傷した動物を診察する施設の開設に関する詳細は定められていない。

  • 災害時に連携する動物専門のボランティア団体や、ボランティアとの連携の仕組みの有無

    社団法人東京都獣医師会文京支部と協定を締結しており、発災時の動物救護活動について協力体制を整備している。

  • 自治体主催のペットを連れた防災訓練は行っているか? 開催情報はどこで確認できるか?

    区主催の訓練としては、平成30年度に1回実施しており、犬が参加している。訓練を実施する場合ホームページ等で確認できるが、今後の訓練については、日程、内容ともに未定。

総評

動物愛護推進員から見た文京区の総評

文京区ではガイドラインやルール等は特に作成していないとの回答でしたが、区のホームページには「ペットとの防災対策」という飼い主向けのページがありました。防災対策や備蓄リストなどのチェックリストがありましたが、物足りないように感じます。備蓄ケージは各避難所に5個ずつあるとのことですがこちらも少ないと感じます。全体的にもう一歩、掘り下げて欲しいところです。