東京23区
大田区

避難所データ

同行避難の可否

可能

同行避難が可能な避難所

全ての避難所

ガイドライン(マニュアル等)の有無

あり

同行避難が可能な動物

犬や猫などの小動物

中〜大型犬との同行避難の可否

大型動物は不可

ケージの備蓄数

なし
(飼い主がケージ等を準備)

ペットの管理場所

基本的に屋外

悪天候でのペットの管理場所 (台風、大雨、強風など)

可能な限り屋内

獣医師会との協定

あり

負傷動物の診察

獣医師会による診療を予定

災害時のボランティアとの連携

なし

ペットを連れた防災訓練

3回実施

解説

  • ペットとの同行避難は、全ての避難所で可能か?

    全ての避難所で可能。
    大田区の指定避難所は、91か所。

  • 自治体でのペットと避難するためのガイドライン(マニュアル等)の有無

  • ペットの種類や大きさなどで避難所には立入れない場合があるか?

    犬や猫などの 小動物を対象としている。
    なお、人に危害を与える恐れのある大型動物や危険動物、特別な管理が必要な動物(トラ、ニホンザル、ワニ、マムシ等)は受け入れ不可。

  • 避難するためのケージは飼い主が準備することが原則だが、区の方で備蓄はあるか?

    ペットの飼育管理に必要な資材(ケージ・その他の用具)と当面の食糧は、原則飼い主がそれぞれ持ち寄る。ケージの備蓄は行っていない。

  • ペットは避難所のどのような場所で管理されるか? 悪天候時は屋内への移動は可能か?

    避難所ごとで施設が違うため異なる。 避難者数の違いからも様々な形態が想定されている。

  • 災害時に負傷してしまった動物の診察施設は開設されるか?

    獣医師会大地域部と区は、支部会員動物病院内への「負傷動物救護所」の設置及び当該救護所における獣医療の提供、動物の保護管理活動の実施について、協定を締結している。

  • 災害時に連携する動物専門のボランティア団体や、ボランティアとの連携の仕組みの有無

    現在、ボランティア団体との協定はない。

  • 自治体主催のペットを連れた防災訓練は行っているか? 開催情報はどこで確認できるか?

    大田区総合防災訓練にて、平成26年以降にペット受入れ訓練を3回実施。その際、ペットである犬と猫を受け入れた対象とした。
    公開方法は、特に定めていない。

総評

動物愛護推進員から見た大田区の総評

大田区では飼い主向けはもちろん、各方面に対してのペットの同行避難の対策、ガイドライン、マニュアルがとても充実しています。内容も具体的で、他区でも参考にできそうなものです。ケージ等の備蓄はありませんが、逸走動物に関しては区の保護施設で一時的に保護するそう。負傷動物救護所の設置予定もあり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です