2021年2月時点での情報です。

同行避難とは?

同行避難とはペットとともに安全な場所まで避難する行為を指し、避難生活を共にする同伴避難とは異なります。同行避難では人の避難スペースには動物は入れません(補助犬は例外です)。
また同行避難可能とされていても、避難所の形状や状況によりできない場合があります。
「自治体のルールでは可能なのに同行避難できなかった」ということがないよう、最寄りの避難所の状況やルールがどうなっているのか事前に知っておく必要があります。

避難所データ

同行避難の可否

可能

同行避難が可能な避難所

すべての避難所

ガイドライン(マニュアル等)の有無

なし
(環境省のガイドライン参照)

同行避難が可能な動物

犬・猫等
(猛獣や爬虫類、昆虫等は対象外)

中〜大型犬との同行避難の可否

定めていない

ケージの備蓄数

なし

ペットの管理場所

避難所毎に対応。屋内に避難できるところもある

悪天候でのペットの管理場所 (台風、大雨、強風など)

避難所毎に対応

獣医師会との協定

なし

負傷動物の診察

獣医師会による診療を予定

災害時のボランティアとの連携

なし

ペットを連れた防災訓練

未実施

防災訓練の告知

未実施

詳細

  • ペットとの同行避難は、全ての避難所で可能か?

    すべての避難所で可能

  • 自治体でのペットと避難するためのガイドライン(マニュアル等)の有無

    市では定めていないため、環境省「災害時におけるペットの救護対策ガイドライン」を参照し、収容ゲージやペットの7日分(少なくとも5日分)の水及び餌を備蓄し、自宅外への移動にあたり、これらを持参する。
    また、避難する方の中には動物が苦手な方や動物アレルギーを持つ方がいることや、入浴やブラッシング、無駄吠えなどのしつけについても平時から行う等、飼い主に啓発を行う。

    災害時におけるペットの救護対策ガイドライン(環境省)

    https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/h2506/ippan.pdf

  • ペットの種類や大きさなどで避難所には立入れない場合があるか?

    前述の通り、猛獣や爬虫類、昆虫等は対象外。

  • 避難するためのケージは飼い主が準備することが原則だが、市の方で備蓄はあるか?

    なし

  • ペットは避難所のどのような場所で管理されるか? 悪天候時は屋内への移動は可能か?

    避難所による。屋内に避難できるところもある。

  • 災害時に負傷してしまった動物の診察施設は開設されるか?

    該当なし

  • 災害時に連携する動物専門のボランティア団体や、ボランティアとの連携の仕組みの有無

    なし

  • 自治体主催のペットを連れた防災訓練は行っているか? 開催情報はどこで確認できるか?

    未実施

  • .ペットとの同行避難において、貴自治体で行っている独自の対策はあるか?

    なし

  • 駐車スペースに余裕はあるか?

    余裕なし

総評

動物愛護推進員から見た 川越市の総評

市HPに「ペットの同行避難について」のページはあるものの、基本的なことにしか触れられておらず十分な情報があるとは言えません。避難所での対応も特に定めていないとのこと。これでは住民が混乱してしまいます。ペットの飼い主が事前にどのような心構えと準備が必要なのか、ペットとの避難生活で想定されるケース等、もう少し具体的に踏み込んだガイドラインのようなものを作成して頂きたいところです。小江戸かわごえ動物愛護推進員の方が作成したパネルなどはパンフレット化できるのではないでしょうか。