2020年7月時点での情報です。

同行避難とは?

同行避難とはペットとともに安全な場所まで避難する行為を指し、避難生活を共にする同伴避難とは異なります。同行避難では人の避難スペースには動物は入れません(補助犬は例外です)。
また同行避難可能とされていても、避難所の形状や状況によりできない場合があります。
「自治体のルールでは可能なのに同行避難できなかった」ということがないよう、最寄りの避難所の状況やルールがどうなっているのか事前に知っておく必要があります。

避難所データ

同行避難の可否

可能

同行避難が可能な避難所

全ての第一次避難所

ガイドライン(マニュアル等)の有無

あり

同行避難が可能な動物

制限なし(危険を及ぼさない動物)

中〜大型犬との同行避難の可否

可能

ケージの備蓄数

なし(飼い主がケージ等を準備)

ペットの管理場所

基本的に屋外

悪天候でのペットの管理場所 (台風、大雨、強風など)

ペット動物用居室を検討中

獣医師会との協定

あり

負傷動物の診察

獣医師会による診療を予定

災害時のボランティアとの連携

なし

ペットを連れた防災訓練

実施

防災訓練の告知

区のホームページに掲載

解説

  • ペットとの同行避難は、全ての避難所で可能か?

    全ての第一次避難所でペット動物との同行避難が可能。

  • 自治体でのペットと避難するためのガイドライン(マニュアル等)の有無

    避難所マニュアル(マニュアル雛型:平成31年4月修正)。
    同行避難動物の受け入れ手引き。

    災害に備えていますか?

  • ペットの種類や大きさなどで避難所には立入れない場合があるか?

    同行避難に種類や大きさの制限なし。

  • 避難するためのケージは飼い主が準備することが原則だが、区の方で備蓄はあるか?

    飼い主がケージ等を準備。
    第一次避難所にペット動物用リードを5本ずつ備蓄。

  • ペットは避難所のどのような場所で管理されるか? 悪天候時は屋内への移動は可能か?

    令和元年の台風19号を受けて、避難所として利用する各施設の利用計画を見直し。
    屋内の浸水しないフロアにペット動物用居室を設けるよう見直しを進めている。

  • 災害時に負傷してしまった動物の診察施設は開設されるか?

    足立区内で2箇所開設。(生物園、都市農業公園)

  • 災害時に連携する動物専門のボランティア団体や、ボランティアとの連携の仕組みの有無

    現在、ボランティア団体との協定はない。

  • 自治体主催のペットを連れた防災訓練は行っているか? 開催情報はどこで確認できるか?

    避難所運営訓練:区と地域の避難所運営会議が連携して訓練を実施(年間65箇所程度)。
    (令和元年度は1箇所でペット動物同行避難訓練を実施)
    総合防災訓練:年1回実施。獣医師会と連携した動物救護所の設置訓練も実施。
    実施予定日や内容は区ホームページに掲載。

総評

動物愛護推進員から見た足立区の総評

足立区はホームページに「災害に備えて」など飼い主向けのページはありましたが、表面的でいまいち掘り下げられていない感が拭えません。また、避難所運営会議等向けの「避難所マニュアル」の中にペットの同行避難関連の記述はあったものの、情報が不十分だと感じます。トラブルを防ぐためにももう一歩踏み込んで欲しいところです。
また、気になるのがケージやリードの備蓄が少ないこと。災害時の逸走動物・迷い動物を一時保護するための準備がもう少し充実していたら、より心強いのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です