日々、忘れない“2つの問いかけ”

かつて私はウェブシステムのエンジニアとして、展示会・イベント業界にてシステム開発を行っておりました。
多数の出展者、来場者に対し、スムーズなオペレーションが求められる業界であったため、
ご要望のほとんどが「見やすく、読みやすく、使いやすい」システムであることでした。

既存のシステムに求められる現場のニーズを、担当者からの“リアルな声”として聴き入れる機会に恵まれ
そんな課題を明確に改善点を提示できた瞬間というのは、自己実現に近いものがありました。
現在はシンクボックス株式会社として
「現場が笑顔であふれるようなICTサービスを、もっと作りたい。」という思いが続いています。

私たちは、良質なサービスを提供し続けるために、「お客様の成功体験を、原動力にできているか」
「仕事を通じて、自己実現ができているか」この“2つの問いかけ” を日々忘れずに業務にあたっています。

お客様の成功体験を、原動力にできているか

クライアントの課題に正面から向き合い、成功事例を増やすことが
自社スタッフのスキルをも向上させると考えています。

「お客様の成功が、わたしたちの成功」という企業理念にもあるように、
事業・経営目標を親身にとらえ 目標達成への取り組みに追い風となるようなサービス提供をしつつ、
いかなるプロジェクトも社会貢献の一環として、熱意を持つことが重要です。

「お客様に誠意をもって接しているか」「私達のロジックを伝えられているか」
シンクボックスの成果物は無形だからこそ、
成功体験を創出することが唯一の行動理由であるべきと考えております。

仕事を通じて、自己実現ができているか

現状からの更なるビジネス成長を考えている中小企業や街中の商店など
クライアントの立場を意識した企画が必要になってきます。

持続的に改善対応を要する課題への取り組みは、独自性を持つ企画戦略が求められるでしょう。
事業・経営目標の達成には、必ずしも”万人ユーザーにとって便利なTIPS”、
“誰にでも共通して簡単にできる方法”が必要というワケではありません。

プロジェクトは担当者同士を始め、関わる人々のコミュニケーションの上に成り立っています。
日頃から各人がアンテナを張りながら、自分なりの見識を深めて行く努力が必要です。
誠意を持ち、親身にお付き合いをする姿勢は欠かせません。
そのような仕事の進め方は、自分らしく活躍し、充実感と達成感を感じながら働くことに通じると考えております。







プログラミングが社会を豊かにし、お客様に信頼と喜びを感じていただけることこそが
我々にとっての何よりの財産です。

これからも、わたしたちの姿勢がお客様に確実に伝わっているか、自問自答を繰り返し、
全社一丸となって日々邁進する所存です。
どうか今後とも、皆様の変わらぬご愛顧とご指導を賜りますよう心よりお願いを申し上げます。
吉日

シンクボックス株式会社
代表取締役 寺澤 景

代表プロフィール

明治学院大学 法学部卒業。埼玉県出身。
システムエンジニア職を経てフリーランスへ転向。企業のマーケティング活動における企画・立案、広告代理のプロジェクトを通じて、経営目線にたった“成果が見えるICT導入”を積極的に行う。
2015年9月には、それまで手がけたプロジェクトを再整備すると共に「シンクボックス株式会社」を設立。
顧客のニーズを的確に仕様に流しむコミュニケーション能力と、付加価値創出の視点にクライアントの評価は高い。