フォネティックコードってご存知ですか?

コールセンターのオペレーターさんと通話している時や、顧客・取引先との電話中に、アルファベットの綴りを確認することってありませんか?
通話相手に「A」と伝えたい場合、「エー」と発音しても通話状況によっては聞こえづらい時がありますよね。母音しか聞き取れない場合が多く、「えー(「えーっと」の「えー」)」なのか 「D(デー)」なのか 「J(ジェー)」と言っているのか、通話相手は判断が難しいものです。
そんな時に便利なのが、フォネティックコードです!

フォネティックコードとは、一般的な英単語を例に挙げ、「その単語の1文字目です」と伝える方法です。 「‘アメリカ’の‘A’に、‘ブラジル’の‘B’に〜」という言い回しに、聞き覚えはありませんか? この例の場合は、国名を使っているフォネティックコードで、いわば「国名版フォネティックコード」。 空港や旅行関連の企業で用いられていそうですね。 国名のように多くの人が知っている「グローバルな基準」が フォネティックコードには求められます。 今日、インターネットの普及とオンラインサービスの充足に伴い、 IT企業や有名なネットサービスのドメインもかなりの認知度があるのではないでしょうか?  

そこで、IT業界で使えそうな「IT版フォネティックコード」を作成してみました。 選定基準 ・世界に複数拠点があり、グローバル企業(と言えそうな企業) ・利用ユーザー1000万人(くらい)以上 ・サービス案内を複数言語でサービスを利用できる そこそこ著者の偏った基準も入り込んでます。

    • A - Amazon
    • B - Buffalo
    • C - Cookpad
    • D - Dailymotion
    • E - e-bay
    • F - facebook
    • G - Google
    • H - Hubspot
    • I - Instagram
    • J - JustSystem
  • K - Kingsoft
  • L - Lenovo
  • M - Microsoft
  • N - Niconico
  • O - Oracle
  • P - Paypal
  • Q - Qiita
  • R - Rakuten
  • S - Salesforce
  • T - twitter
  • U -
  • V -
  • W - WhatsApp
  • X - xerox
  • Y - Youtube / Yahoo!
  • Z - Zozotown

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このブログ記事に関してのお問い合わせは、以下までお気軽にご連絡ください。