とても簡単にローカルで利用できるWordPress開発環境を構築する方法

WordPressを使いたいと思ったときに最も高いハードルとは何でしょうか? 私はWordPressの開発環境をどう用意したら良いのかではないかと思います。 でもその問題はInstan WordPressを使えば10分で解決できます。

Instant WordPress公式サイトへアクセスします。

トップページを開いてすぐ中央付近にDown load Nowというボタンがあるのでそれをクリックします。

ダウンロードページに移動するとやや下の方にCurrent Versionと書かれた項目があります。

Download Instant WordPress 4.5と書かれたボタンをクリックします。

InstantWP_4.5.exeというファイルがダウンロードできると思うので任意の場所に保存します。

ダウンロードしたファイルを実行すると圧縮されていた中身が展開されます。

展開されたフォルダ内のInstantWP.exeを実行します

Instant WordPressのランチャー画面が起動しました。

WordPress Frontpageをクリックしてみましょう。

標準で用意されているブラウザが立ち上がって、英語のブログサイトが表示されたと思います。URLを確認してください。http://127.0.0.1:4001/wordpress/となっていますね。

一旦ランチャー画面に戻って、次にWordPress Adminをクリックしてみましょう。

WordPressのログイン画面が表示されたと思います。User NameとPasswordを入力して下さい。User Nameはadmin、Passwordはpasswordです。ランチャー画面の今クリックしたボタンの下に書いてありますのでもし忘れてしまっても安心ですね。

Languageリストから日本語を選択します。ログイン時にいちいちUser NameとPasswordを入力するのが面倒ならその下のRemember Meにチェックを入れて下さい。

Log Inを押せばWordPressダッシュボードに移動できます。ログインできなかった場合はもう一度User NameとPasswordを確認してください。

まずWordPressのバージョンをアップデートしましょう。左サイドのメニューの上の方に更新という項目があるのでそこをクリックして下さい。

WordPressのアップデートが終わったら同じようにテーマとプラグインの更新も行いましょう。

全て更新し終わったら完了です。おつかれさまでした。WordPressを使ってみて下さい。

このブログ記事に関してのお問い合わせは、以下までお気軽にご連絡ください。