FileMaker カンファレンス 2016に参加してきました

2016年11月9~11日に開催していたFileMaker カンファレンス 2016に参加してきました。
FileMakerは弊社で使用しているのですが、こういったセミナーに参加するのは初めてです。
改めて勉強する意味で参加してきました。 ごく簡単に参加したセミナー内容を記録しておこうと思います。

セミナー1: 画像の管理や登録に関するセミナー

画像の分類の仕方、登録時の注意点、ユーザーが画像を登録するときに制限しておいた方が良い内容など、FileMakerに限らない基本的な内容が半分でした。
現在弊社の取り扱っている案件とはほとんど無関係でしたが、FileMakerのバージョン毎におけるサポートする画像フォーマットの違いというような話もありました。

セミナー2: FileMaker15で追加されたStarter Solutionについてのセミナー

Starter Solution自体はFileMaker14以前にも用意されていたようですが、それがFileMaker15で大幅に追加された、という内容でした。
新しく追加されたStarter Solutionを利用すればカスタム Appも比較的簡単に作れそうだったので機会があれば利用してみようと思える話でした。

セミナー3: FileMakerを新規導入するケースについてのセミナー

予算をどう獲得してくるか、という段階からの「新規導入」の内容でした。
社内稟議の通し方のノウハウがほんの少しと、どのバージョンを購入すればよいか、どういったライセンス形式で購入するべきか、という部分を詳しく解説されていました。

参加してみて

セミナーに参加するのが初めてということで、初心者向けのセミナーを選んで参加してみました。
流石に初心者向け、というだけあってもう既に知っている内容が半分以上で、あとは一般論的な内容だったように思います。
会場の外ではスピーカーの方や協賛企業さんがワークショップを展開していましたが、時間の都合上参加することができませんでした。
面白い取り組みをしている方が大勢いらっしゃったようなので、次回参加することがあれば、より実践的なセミナーやワークショップにも参加してみたいと思います。

このブログ記事に関してのお問い合わせは、以下までお気軽にご連絡ください。